01
Sep 2017
Taro Mizusima

Taro Is  guess Artist for our show we honer to have him

 

漆と砥粉を何度も練り、麻布と共に形成してゆく。7世紀から8世紀末にかけて仏像制作に多用された技法を用い、愛らしいフォルムの動物や人物など、生き物の芯にある生命を追求した作品は、その存在であたたかな空間を作り上げることでしょう。

親しみ深く、様々な表情を持ち合わせ、まるで私たちにやさしく語りかけてくれるように。

フランス留学にて、ピカソ、ジャコメッティ、デスピオなどに感銘を受け本格的に彫刻家を志します。

同じく彫刻家であった祖父の言葉、「まことの目」を信じ、さらに進化しながら、あたらしい形を作り続けていくでしょう。

彫刻家

伝統的技術と共に愛を表現。祖父、父から彫刻を受け継ぎ、三代目の若き継承者

南仏にてピカソ、デスピオに影響を受ける。

Taro mizushima Brief histry1979 Born in Kaseyama,Kyoto,Japan2002 Graduated from Kansai University.Abroad to study in France.He made his artworks at the studio of artist,Marcestel and studied at L’ École supérieure d’arts plastiques dela Ville de Monaco.He had an Internationale Exhibition at The Normandy Caen.(France)2005 Exhibition at atrier Yama2007 Internationale Exhibition (Corsica France) He appear on television(France 2)2008 Exhibition Biennale (Kyoto Japan)2009 He appear on television(NHK)2010 Internationale Contemporary Metale art,Japan-Koreea-China-Taiwan (Nara Japan)2011 He appear on television(Kansai TV)2015 Exhibition at create space Tokyo(Tokyo Japan)2016 Exhibition  at Abeno Harukasu(Osaka Japan)

taro_battle_2 taro_bayyle_3